キリン 零ICHI(ゼロイチ)を飲んでみた|ノンアルコールビール

Pocket

ノンアルコールビールレビューの記念すべき1本目は
巷で評判の良い、「キリン 零ICHI(ゼロイチ)」にしてみました。

筆者はビール好きなのでノンアルコールビール特有の
においと軽さがどうにも好きになれません。
とは言え、運転手をしているときなど、どうしてもアルコールは飲めないけど
どうしてもアルコールっぽいものを飲みたい際には
できるだけ本物のアルコールっぽいものを飲みたいと思います。

今回はノンアルコールビールのレビューですが、
ノンアルコールビール以外のノンアルコール飲料もレビューしていく予定です。

今回紹介する「キリン 零ICHI(ゼロイチ)」は
2017年4月11日発売の比較的新しい商品です。

ノンアルコールビールをいろいろ飲んでいると
ノンアルコールビール特有というべき味の”クセ”が気になりますが
各社ノンアルコールビールが市場に出回るようになってから、
新商品が出る度、より本物のピールっぽい印象が強くなってきたように感じます。

「キリン 零ICHI(ゼロイチ)」のニュースサイトにもありましたが、
ノンアルコールビールユーザーの4人に1人は現状のノンアルコール飲料の商品に不満を持っており、
特に味覚への不満が大きいようです。

そりゃ、ビールの代替品としてノンアルコールビールを飲んでいるのに、
ビールの味がしなければ意味ないですからね・・・

○「キリン 零ICHI(ゼロイチ)」ニュースサイト

 

1.「キリン 零ICHI(ゼロイチ)」のコンセプト

味覚

「一番搾り製法」を採用し、麦のうまみを丁寧に引き出すとともに、人工甘味料や苦味料を使用せず、よりビールに近い上質な味わいを実現しました。

 

飲用シーン

夕食時や平日の夜、週末の夜など、普段ビールが楽しまれているようなシーンを想定しています。

 

ターゲット

30代後半~40代のノンアルコール飲料ユーザーとビールユーザーを中心に訴求していきます。

 

一番の特徴は麦汁ろ過工程においてキリンの主力商品である「キリン一番搾り生ビール」で採用している
「一番搾り製法」を今回新たにノンアルコール飲料へ持ち込んだ、ということでしょう。

○「キリン 零ICHI(ゼロイチ)」製法ページ

 

 

2.飲んでみた感想

パッケージは本物のビールと変わりない、ビールらしいデザインです。
注意してパッケージを見ないとノンアルコールビールだと気がつかずに飲んでしまいそうです。

 

早速グラスに注いで見ると、本物のビールのような豊かな泡立ちがあり、雰囲気を盛り上げてくれます。
第三のビール類より泡立ちが良い感じがします。
ビール愛好家が納得できるようよく作られていると思います。

ビールらしい鼻翼をくすぐる香りもあり、期待を高めてくれます。
ノンアルコールビール特有のニオイは少なからずありますが、他のノンアルコールビールに比べるとそれほど気になりません。

見た目も透明度のあるゴールドで、本物のビールと遜色無く、美味しそうです。

 

肝心の味の感想ですが、苦味が全体の味を引き締めており、かなり日本の標準的なビールに近い味です
「一番搾り製法」を採用した利点である、麦のうまみも感じられます。
ですが味は「一番搾り」の”アルコール無し”、ではないので、ご注意ください。

印象としてはキレよりコクのほうが、強い感じです。
飲み進めるとノンアルコールビール特有の酸味が残るようになりますが、
味の濃いものと一緒に食べれば、他のノンアルコールビールよりは気にならないと思われます。

 

ノンアルコールビールとして考えた際には個人的にかなり高得点でした。
ビール、とは言えないまでもビールらしさは十分にあり及第点ではないでしょうか。

特にバドワイザーのようなアメリカ産ビールのテイストが好きな方には
とっつきやすいと思われます。

 

3.原材料名

麦芽、水あめ、食物繊維、米発酵エキス、ホップ、香料、酸味料、調味料(アミノ酸)、乳化剤

 

4.ラインナップ

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。