ノンアルコールビール、SAPPORO+(サッポロ プラス)を飲んでみた

Pocket

2015年5月に史上初のトクホを取得したノンアルコール飲料として発売された、「SAPPORO+(サッポロプラス)」2016年11月29日中身・パッケージが完全リニューアルされ、再販売されました。

○「SAPPORO+(サッポロプラス)」ニュースサイト

 

1.■「SAPPORO+(サッポロ プラス)」のコンセプト

・キャッチコピー
~史上初トクホのノンアル飲料が、よりビールに近い味わいを実現!~

・特徴:4つのゼロ
「プリン体0」
「カロリー0」
「アルコール0.00%」
「糖類0」

・トクホ(特定保健用食品)
「糖の吸収をおだやかにする」という難消化性デキストリン保健機能

・味
よりビールに近い味わい

 

今回のリニューアルでは”4つのゼロ”はそのままに、酸味を低減し飲みごたえをアップすることで、よりビールに近い味わいを実現。
食事と一緒に楽しめるノンアル飲料らしいスッキリ爽やかな味わいに磨きをかけたことをアピールしています。

 

最大の特徴は「トクホ(特定保健用食品)」であることでしょう。

「SAPPORO+(サッポロ プラス)」は食物繊維(難消化性デキストリン)の働きにより、糖の吸収をおだやかにするので、食後の血糖値が気になる方に適しています。
おいしく1日に1缶、食後の血糖値が気になる方へのノンアルコール炭酸飲料です。難消化性デキストリン(食物繊維)を4g配合。糖の吸収をおだやかにする効能があります。

難消化性デキストリンとは、トウモロコシのでんぷんから作られている水溶性食物繊維の一種で、食事と共に摂取することにより小腸での糖や脂肪の吸収を抑え、食後の血糖値や血中中性脂肪値の 急激な上昇をおだやかにする効果があるとされます。
整腸作用、食後血糖値の上昇抑制作用、食後中性脂肪の上昇抑制作用の3つの作用で消費者庁より特定保健用食品(トクホ)の許可実績がある成分です。

ノンアルコールビールを飲みたいけど糖分が気になる。。。という方にはうってつけの商品です。

 

2.■飲んでみた感想

パッケージはビールらしいゴールドを基本としながらも白部分を多めにして、ビールと一線を画しているデザインとなっています。
最近のノンアルコールビールのパッケージが普通のビールのパッケージと大差なく、普通のビールかノンアルコールビールか見分けにくいですが、これはわかりやすいデザインだと思います。

グラスに注ぐと、泡がかなり立ちますが、すぐ消えてしまいます。
ビール愛好家としてはちょっと残念な印象です。

香りは薄めです。ビール、とはちょっと違う香りですが、いかにも人工物のような香りではないので、不快感はありません。
ノンアルコールビール特有のニオイは無いので、あのニオイが気になる方にはおすすめです。

見た目は透明度のあるゴールドです。
炭酸が少な目のため、グラスに数分置くとしばらく放置しておいた気の抜けたビールのような印象になります。

肝心の味の感想ですが、ビールというよりかはビール風味のレモン飲料、という印象です。
多少ビール風味のあるレモンサワーのほうが近いかもしれません。

印象としてはキレのほうが、強い感じです。
スパっと切れてしまう苦味が心地よく、非常に飲みやすくできています。
飲み進めるとコクも残ってきますが全体的に薄めの飲みくちです。

感触としてはビールがそれほど好きでは無い方のほうが向いていそうです。
このあたりが商品コンセプトである、”食事と一緒に楽しめるノンアル飲料らしいスッキリ爽やかな味わいに磨きをかけた”という部分なのでしょう。

 

ピールらしさということでは少々物足りないですが、
ビール風味のノンアルコールレモンサワーと考えれば個人的にはかなり好きな味でした。

ノンアルコールビール特有の味とニオイが気になる方は
これが無いだけでも十分オススメできる商品だと思います。

「SAPPORO+(サッポロ プラス)」はトクホ飲料であることがウリですので、
特に糖分が気になる方はこれを飲んでおくのがベストですね。

 

3.■原材料名

難消化性デキストリン(食物繊維)、大豆ペプチド、ホップ/炭酸、香料、酸味料、苦味料、カラメル色素、安定剤(大豆多糖類)、酸化防止剤(ビタミンC)、甘味料(アセスルファムK)

 

4.■ラインナップ

・350ml 缶

JANコード 単品:4901880883195
      ケース(6本):4901880883201
ケース(24本):4901880918057

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。